richplum

過去の旅行記と近所で撮った風景

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

支笏湖・洞爺湖① 

2010/05/09
Sun. 22:15

温泉に泊まりたいという両親の話から始まり。
よろしい、ならば洞爺湖だ!と、宿を手配しましたよ。

--------------------------------------------------------------------


5月3日朝9時。

札幌市内から車で国道453号線を通って支笏湖へ。

思ったよりも道が険しい。

中山峠とくらべたら道幅も狭いし。

弟(ペーパードライバー)の運転だし。

まぁ、私が運転するよりは数倍も安全ではある。

途中に秘境オコタンペ湖展望台に行く道道78号線があるけど通行止め。

ちなみに、その先の美笛峠に抜ける道路は通年通行止めです。


この近くにある『丸駒温泉』は湖とつながっていて季節によって水位が変化する露天風呂があります。

ホントは泊まりたかったけど、部屋が空いていないのでした。

今度チャリンコで行くか。無茶だな。


rich plum-支笏湖


札幌から来て一番最初に支笏湖畔に降りれるところがあったので車を止めてもらった。

実は北海道に住んでいながら初・支笏湖。

阿寒湖やら摩周湖やら屈斜路湖は行った事あるんです。

近いトコほど行かないんだよなぁ。

正面にある山影が不風死岳。その左山裾に微かに白くなっているのが樽前山。

って、全然見えないし!!ですね汗

この日は天気こそ良かったのですが、もやもやとガスってました。(ガス→霞んでること)




rich plum-支笏湖と紋別岳 rich plum-湖畔

まだ慣れないデジイチに試行錯誤しながら写真を撮っていると「いくよー」といわれ。

これで支笏湖終わりかよ!と思ったら。

ちゃんとしたところがあるからって。


ここがメインじゃなかったのー!?ですな。


つづく。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

支笏湖・洞爺湖② 

2010/05/09
Sun. 22:15


rich plum-スワン


メインの支笏湖畔にやってきました。

土産屋や売店が立ち並んでいるし、スワンボートやらモーターボートやらあるし。

立派な観光地でした。

上の写真の左上にある船の底に窓がついていて、湖底を見ることが出来ます。

漁師の父にも好評でした。底が見えるから面白いって。

ガイドさんよりも早く魚を見つけるし。さすが本職。

結構お高いんですけど、お値段分の価値はあると思います。


rich plum-湖底の波紋



色補正なしです。綺麗すぎでしょ。っていうか透明度がハンパじゃないんですって。

プランクトンが少ないからだそうです。

ちなみに、底の砂の模様は波の形をしています。


船が少し進むと…突然湖底が見えなくなる。

7mから一気に100mに窪んでいるんだって…。

一番深いところで300m以上の深さがあるって言うから。

さながら、湖の中の崖ですね。


rich plum-湖の中


噴火の名残のごろごろとした岩や、珍しい柱状の岩が水の中にあります。

柱状節理っていうらしいです。

北海道で言えば層雲峡の渓谷の岩と同じヤツです。


rich plum-柱状節理

もっと凄い岩が沢山あるのですが…。見入って写真を撮っていなかったという。。。


rich plum-不風死岳と樽前山


船の上から、不風死岳&樽前山が綺麗に見えました。

樽前山はまだまだ雪化粧。しかしながら、中央の溶岩ドームは岩肌を見せています。

風が無くて、ガスってなければ噴煙が見えるそうです。活火山だったのね、樽前山。


船を降りたら御土産屋さんを物色。


rich plum-土産屋


じゃがバターとか、海産物の炭焼きとかは観光客が食べるもの!

ということでスルーで支笏湖ビジターセンターに入りました。

支笏湖の記録をわかりやすく展示しています。

周りに住む動植物のことも。


rich plum-ユキウサギの剥製 rich plum-ニシキヘビ


ユキウサギの剥製が白くて可愛かった。

でもみんなに触られてゴワゴワになってました。。。

更に、ロビーには何故かニシキヘビが。

まだちっさい子供のヘビでした。


つづく。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。