richplum

過去の旅行記と近所で撮った風景

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2009.7.28 越後の旅③ 

2010/02/19
Fri. 00:55

鮫ヶ尾城跡に行く途中にあった神社にちょっと寄り道をしました。


rich plum-斐太神社

上杉家の信仰が厚かったといわれる斐太神社です。


rich plum-斐太神社

病気の神様として知られていたそうですよー。


しかし、足が痛い。

山を登ったせいで靴擦れが起きてしまい、歩くたびに傷みが。。

お願いしたら治らないかなぁ……なんて都合の良い事はないか。


rich plum-あし。。


ふとましい足だ。

履きなれないスニーカーを履いてきてしまった自分が悪いんだけれど…。

今後、暫らくはこの靴擦れに悩まされました。


さて、神社から少し歩くと勝福寺に到着しました。

ここはフツーの小さなお寺です。


rich plum

入っても良いのかな…と不安になりながらも中へ。


rich plum-上杉景虎の像

ここ、勝福寺には上杉景虎の供養塔がある。

それが上の写真です。

毎年、命日には法要があるそうで、一度参列したいものです。。


rich plum-景虎の像 rich plum

ところで、この地域の電車は一時間に一本位しか走っていないのです。

電車の時間まであと15分。

ちょっと急ぎ足で駅に向かわないと間に合わない!!

お寺を出て、帰り道を探していると後ろから車がやってきた。

なんと、それはさっきお別れした管理棟のおばさんでした。

仕事が終わったからお寺の近くに居るかなぁと思って来てみたそうで。

好意に甘えて駅まで車で送っていただきました。

もう感謝の言葉しか出ません。

駅でお別れするときに絶対また来ますと伝えると笑顔で頷いてくれました。


ホントに行くんだからね!



高田に戻って、時間もあるので見ごろを迎えた蓮を見に行くことに。

実際、茎の伸びたタイプの蓮を見たことが無かった私。

駅から歩いて高田公園の堀を見て驚いた。


rich plum-蓮畑

蓮だらけだもの!!


rich plum-蓮

立派な蓮がニョキニョキ。

凄い凄いレンコン沢山採れ放題!!


rich plum-蓮の葉 rich plum-三重櫓

公園を散歩していると、雨がポツリポツリと降り始め。

傘を持っていなかったので、酷くなる前に駅に戻る事にしました。


電車で直江津駅へと向かいました。

本日から二泊する宿は駅の目の前にあるホテル。

丁度お祭りの時期に重なっていたので、外からは笛の音や太鼓の音が聞こえていました。

夜に少し覗いてみたのですが…。

一人でおまつり程虚しいものは無い。

夜の街を徘徊するだけして、夕飯を買って帰るだけにしました。


つづく。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2009.7.29 越後の旅④ 

2010/02/19
Fri. 00:53

二日目。

ホテルを出て最初に向かったのは住宅街の中にある御館跡。

線路沿いにあるって聞いていたので正直に線路沿いを歩いてみると。

陸橋になっていて、遠回りになっちゃった。

…なんてこともありながら。

歩いて15分位で到着。


rich plum-御館公園

本気で公園。

景勝勢がここを攻めたときにはこの辺一帯が火の海になったっていうから…。

凄まじい光景だったんだろうなぁ。。


rich plum-看板 rich plum-看板
rich plum-御館公園

写真では何度も見ていた御館跡は、本当に想像通りの場所でした。

看板を見ていると、初老の夫婦がやってきました。

どうやら、天地人巡りをしている人らしい。


この日は一日、史跡を見て回りました。

午前はこの辺一帯、午後からは春日山の方へと漠然な計画で進めて行きます。


街の中はお祭りムード真っ盛り。

それもそのはず。

最終日の今日は各町内会から山車を引いてきて、中心部にある八坂神社に大終結!するんですって。

それまでは町内会を回っているようです。

山車が近くに居るらしく、ワッショイの声が響く中、十念寺に到着。


rich plum-十念寺


謙信が第二次川中島の戦いの際に戦火から善光寺の本尊を守るためにこの寺を建てた。

だから、別名『浜善光寺』と呼ばれているそう。



つづく。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。