richplum

過去の旅行記と近所で撮った風景

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

支笏湖・洞爺湖③ 

2010/05/09
Sun. 22:14

不風死岳の尾根伝いに走り、美笛峠を抜け…。

何度か道を間違え、2時間位。洞爺湖や昭和新山、有珠山などがある壮瞥町にやってきました。
※但し運転は自分ではない。

最初に行ったのは昭和新山と有珠山。

中学校の修学旅行の時に時間の都合上で新山見ただけで終わっていたので初有珠山です。

高所恐怖症の母はロープウェイの中で固まっていました。


rich plum-ロープウェイ

山頂駅から外に出ようと、出口に近寄ると…

まるで外に巨大扇風機があるような風が吹き込んできました。

この日は風がとても強く、ロープウェイが止まる可能性があるので遠くに行かないで!とアナウンスが流れていました。


rich plum-外輪山の遊歩道


有珠山の展望台の先に続く外輪山の遊歩道ですが、当然ながら、強風のため立入禁止。

というか、目を開けていられないほど、砂埃が酷かった。

火山灰だらけだから砂舞い放題だもの。


rich plum-視界不良です!


まだ春が来たばかりなのか、フキノトウくらいしか生えていないのだった。


rich plum-有珠山の大有珠山頂

有珠山の山頂です。

あらあらしいです。岩肌むき出しです。

所々で噴煙も上がってますが風で殆んど見えません。



rich plum-荒々しい

微かに噴煙が見えますね。

段々と曇ってきて、天候が悪くなってきました。



rich plum-岩肌 rich plum-洞爺湖展望台


山頂の展望台の反対側には洞爺湖を望む展望台がありますが殆んど見えませんでした。



rich plum-何か鬼が出てきそう


緑という色が一つも無く、不気味な有珠山山頂でした。

ロープウェイで麓に戻って、昭和新山をバックに家族で記念写真を撮りましたw



rich plum-昭和新山

昭和新山は読んで字の如く畑だった場所に突然出来た山です。自然すげぇええ!


と、いうわけで。

その辺のお土産屋さんを物色してから本日の宿へ。

洞爺湖温泉街の端にある、火口に一番近いホテルに泊まりました。

どうでもいいけど、あの露天風呂、丸見えなんすけど…。


つづく。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

支笏湖・洞爺湖④ 

2010/05/09
Sun. 22:13

翌朝のことです。


家族のイビキの大合唱にやられて一睡もしないまま、朝日が昇りました。

どうも、自分以外の人が同じ空間で寝ているっていうのが駄目でして…。

修学旅行や宿泊研修、キャンプなどの場面ではいつも寝つけず大体最後に寝ていました。

なんなんだろね。


仕方がないので、皆が起きるまで散歩をすることにしました。


rich plum-湖畔

朝の空気は澄んでいて、車もほとんど無く無音。

風も無く、船もまだ通っていないので湖面は固まったように動きません。

まるで紺碧の砂の地面の様だったので、飛び降りてみようかと思いました。

が、馬鹿ではないのでやめました。


rich plum-夜明け


やがて、雲を抜けて日が上がってくると、鳥たちが水面にやってきました。



rich plum-仮面 rich plum-朝靄


謎な仮面が公園に落ちていた。

落ちていたと言うより、刺さっていた。。。


rich plum-中島

靄の中に浮かぶ洞爺湖の中島を見ながら、鳥のさえずりをバックに一人佇んで。

やっぱり自分は一人旅が性に合っているとつくづく思うのだった。



小一時間の散歩の後、部屋に戻ってきて布団にイン。

皆が起きてテレビを観だした頃、ようやく私にも安らぎの時が来たようです。

睡眠時間は1時間半ですが。寝れただけ有難いのでした。



つづく。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。